TOP > 後遺障害による支出
 ← 損害とは何か(後遺障害の場合) | TOP | 後遺障害の損害について(2) 逸失利益とは

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


後遺障害による支出 

2007年01月04日 ()
原則として、後遺障害とは「それ以上症状が改善しない」状態のことですので、後遺障害が認定された後には「治療費」というものの保障がありません。

「後遺障害が残ったので、そのための治療費を請求したい」
というご質問がありますが、これは基本的にできないわけです。

つまり、後遺障害の認定後(正確には症状固定後)の通院治療は自費で行わなければならないのです。

もっとも、たとえば将来的に生活補助器具などを作成しなおす必要がある場合には、その分を請求することができます。


交通事故のご相談を御希望の方は、こちらのHPをご覧下さい。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.01.04(Thu) 10:42] 損害賠償額の算出 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 損害とは何か(後遺障害の場合) | TOP | 後遺障害の損害について(2) 逸失利益とは

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。