TOP > 損害とは何か?
 ← これまでの記事の閲覧方法 | TOP | 後遺障害の基準 : 「症状固定」とは

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


損害とは何か? 

2007年01月03日 ()
交通事故の被害者となった場合、加害者にどんな損害が賠償請求できるのでしょうか。

損害には、下記のような種類があります。

(1)事故により生じた支出(治療費など)
(2)事故により入ってこなかった収入(欠勤した際の収入減など)
(3)慰謝料(ケガした痛みや苦労について)

これら3つのうち、(1)は領収書などがありますので、立証や証明は容易です。
また、(2)についても、勤務先の証明や確定申告書などで証明が可能です。

これに対して、(3)の慰謝料は心の痛みであり、外見的に目で見て分かるものではないため、その金額の認定が一番難しいことになります。

もっとも、交通事故の発生件数はとても多いため、慰謝料の金額は定型化され、通院や入院の日数によってある程度の「相場」が存在しています。

ここで重要なのは、この「相場」の算定根拠のメインは「日数」であるということです。

どれだけ痛くてつらくても、それをガマンして仕事し、通院をしていなければ、その痛みや辛さを後になって証明することは困難ですから、慰謝料を増額するのは難しくなってきます。


交通事故のご相談を御希望の方は、こちらのHPをご覧下さい。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.01.03(Wed) 21:44] 損害賠償額の算出 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← これまでの記事の閲覧方法 | TOP | 後遺障害の基準 : 「症状固定」とは

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。